抹茶の定義がかわる

抹茶ブームが世界中になっていてニューヨークには抹茶バーがあるそうです。
先月、ロサンゼルスにも2号店が出来るくらいです。
ちゃんと日本産のものを使っているお店は良いけどそうじゃない店もある。
てん茶はわらなどで覆って日光に当てないで育てた茶葉を茶臼でひいて微粉末状にしたものを抹茶としていた。
6月から摘み取る2~3左右間前に太陽光¥90%遮る、もまないで乾燥、石臼やセラミックの茶臼で粉にするのが「抹茶」と新しい定期をISO(国際基準化機構)に出す予定。
ちゃんと作られたものは抹茶だがそれ以外は粉抹茶になる。
中国は粉にしたらなんでも「抹茶」として輸出してしまうし日本の商品のように流通しています。
これを許すと国際的な品質の低下につながる!
もっと早くするべき事案でしたね。

コメントは受け付けていません。